前へ
次へ

競争意識を変えていくのが今の教育に必要なことです

常に改善をしていくことが望ましいのが日本の教育であり、今の時代に合わせた価値観を重視しつつグレードアップをしていくことがベストです。教育の問題点としてあげられるのが過剰な競争意識で、勉強をしてテストで良い点数を取ることが目的になっている生徒もたくさんいます。もちろん学生の本分は勉強することにありますが、それが過剰になってくるとやらなくてはいけない義務となってしまい、勉強事態が楽しいと感じなくなることも少なくありません。特に小学校では学校教育で同じクラスの仲間と楽しく勉強して、また体を動かし、ときには協力してスポーツを楽しむことも目的です。過剰な競争意識が高くなってしまうと、周りの仲間すら敵になってしまい捉えてしまうことで、小学生のうちからストレスを抱え込んでしまいます。過剰になってくる要因には周りからの圧力があるために、家族からのプレッシャーや周りの友達にバカにされたくない気持ちも大きな影響を与えています。その反面、落ちこぼれてしまうと一気に学校生活に嫌気がさし、反抗的な態度になったりグレることで一線を引くようになってしまいます。このような状況になってしまう原因が過剰な競争意識であり、プレッシャーによるストレス発散や上手な変換ができないことが大きな心の問題となって、残り続けてしまうといえます。もちろん教育には千差万別の考え方もありますので、競争意識がなくては勝ち残れない意味もありますが、実際には小学生のうちにその気持ちは必要ありません。むしろ知識を増やすよりも興味を覚えて、それでいてチャレンジする精神を養っていく方が理にかなっていることです。教育には間違いがあっても問題ないのですが、学校の先生や大人も含めて間違ってはいけない気持ちが強くなればなるほど、傾向としてストレスを抱えてしまいます。これは学校教育の現場では子供たちだけではなく、むしろ大人の先生たちにも大きなプレッシャーとなっているのも問題です。

受験に間に合うオンライン家庭教師
今からでも遅くありません。
志望校合格へ向けて2人3脚で進めんでいきましょう

様々な試験を乗り越えたエーコーの商品
最高峰の金庫を全国の皆様にご提供しております

練馬区 デイサービス 相談

AIREXは皮膚ガス分野(体臭解析や発生機序研究)をリードします

韓国語 オンライン

Page Top